終活のすすめ。遺される家族と自分の為に、悔いなき最期を迎える為に。

このサイトでは、葬儀の生前予約からエンディングノート・遺産分配など、終活と言われるもの全般をご紹介しています。遺される家族の為にも、自分の為にも。

遺産分割協議とは?

      2014/12/07

親族の方が亡くなってしまった場合には、亡くなった方が持っていた財産を相続人に相続することができます。相続については、対象となる相続人や、その相続の割合などは法律によって定められています。しかし、相続の際に、相続人が互いに納得した上であれば法律の規定する相続方法と異なる方法によって相続を行うこともできます。

このような法律の規定とは異なる相続を行う場合には、遺産分割協議書というものを作成しなければなりません。遺産分割協議書は、相続人が複数人いた場合に、誰がどの相続財産をどの割合で相続したかを記載する、相続人間の取り決め書です。遺産の相続は、財産の処分であることから、相続人が複数いる場合には対立が起こりやすく、それによって起こるトラブルを防ぐためには相続人同士で十分に話し合い、その結果を書面に残す必要があります。

そして、この遺産分割協議書を作成するにあたって、遺産目録をあらかじめ作っておくことが重要です。遺産目録とは、亡くなった方の持っていた財産のうち、相続の対象となる財産を一覧としたもので、遺産分割協議を行う際には、この目録をもとに協議を行います。相続の対象となる財産はその内容がわかりやすくなっている必要があり、どのような財産がどの程度残っているかを明確にするためには目録が必要です。ですので、遺産分割の協議を行う前に、相続財産全体を整理し、まとめておく作業をしておかなければなりません。

遺産の相続は、法律に定められた相続の対象となる相続人以外は原則として受けることはできません。しかし、一定の場合には相続人以外であっても相続が認められる場合があります。その代表的なものが寄与分です。寄与分とは、相続人以外の方が、亡くなった方の生前にこの方の財産等を管理し、守っていた場合に認められるもので、相続財産の一部を受け取ることができます。寄与分を受ける場合には、相続人に対しこの旨を伝え、相続財産の一部を渡すよう請求する必要があります。

 - 相続と相続税 , ,

Sponsor Link

Sponsor Link

Sponsor Link

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
遺産相続の基礎知識

亡くなった人が財産を遺している場合、その遺産は、自動的に相続人が受け継ぐ事になり …

no image
法律で決められている相続の割合

人が亡くなった場合には相続という問題がでてきます。遺言があればよいのですが、ない …

no image
配偶者の税額軽減とは?

財産分割された場合にはその受け取った財産に相続税が掛かりますが、被相続人の配偶者 …

no image
相続税の課税対象にならない財産

2015年1月に相続税改正が行われ、相続税の基礎控除額が減るため、課税の対象とな …

no image
相続する・しないを選ぶ

相続が開始されると同時にその効果は相続人の意思にかかわりなく生じます。 そしてそ …

no image
相続税の計算はとても複雑。専門家に依頼するのも一つ。

親族の方が亡くなった場合、その相続人の方には相続という形で亡くなった方の財産を譲 …

no image
相続人に行方不明者がいる場合

親族の方がなくなった場合、相続が開始されますが、複数の相続人の中に行方不明者がい …

no image
相続人の資格(相続権)を失うケース

相続人は、被相続人の家族や親戚だからと云って当然に相続権を有するものではなく、そ …

no image
相続税の申告と納付の流れ・期限

不幸にも親族が亡くなってしまった場合に、残された遺族の方は亡くなった方の財産を整 …

no image
相続人に認知症患者や未成年者がいる場合

親族の方が亡くなった場合の相続の際に、相続人の中に認知症を患っている相続人や、未 …