終活のすすめ。遺される家族と自分の為に、悔いなき最期を迎える為に。

このサイトでは、葬儀の生前予約からエンディングノート・遺産分配など、終活と言われるもの全般をご紹介しています。遺される家族の為にも、自分の為にも。

小規模宅地等の特例とは?

      2014/12/13

小規模宅地等の特例とは、個人が相続や遺贈によって取得した財産の中で被相続人の居住用又は事業用に供されていた宅地等について、これを相続人が継続して利用する場合一定の要件のもとで相続税が減額されるというものです。これは宅地等は資産価値が高く、他と同様に個人に相続税を課したのではその後継続して家に住む又は会社事業を営むことが出来なくなる恐れがあることにより、個人がこれらを相続する場合に限り特別に減額が認められてる制度です。そして、この特例では個人の税負担を軽減すべく減額割合が大きいことから、その適用要件が厳格になっています。

そこで、適用要件に関しては、まず被相続人等とは被相続人又は被相続人と生計を一にしていた親族を指し、宅地等とは土地又はその上に存する権利で一定の建物又は建築物の敷地用に供されたものを言います。

そして、宅地等の利用用途により要件が異なっており、居住用と事業用、貸付事業用の3つに分けて規定が設けられ、更に宅地等の相続前の利用状況や取得者により適用要件が分かれています。また、いずれの用途でもその宅地等を相続税の申告期限まで有している必要があります。

まず居住用の小規模宅地等については、一定の親族が所得した場合240平米まで80%の減額があります。利用状況に関しては被相続人の居住用であるか被相続人と生計を一にした親族用であるのかにより、更にそれぞれに配偶者かその他の親族であるか等で要件が分かれています。

次に事業用の小規模宅地等については、被相続人等の個人事業に供されていた宅地等ではその事業を承継する親族が取得した場合400平米まで80%の減額があります。また、同族会社の事業用に供されていた宅地等については、その法人の役員である親族が取得した場合にはこちらも400平米まで80%の減額がされます。

そして貸付事業用の小規模宅地等については、その事業を承継する親族が取得する場合200平米まで50%の減額があります。

 - 相続と相続税 , ,

Sponsor Link

Sponsor Link

Sponsor Link

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
相続税の計算はとても複雑。専門家に依頼するのも一つ。

親族の方が亡くなった場合、その相続人の方には相続という形で亡くなった方の財産を譲 …

no image
相続人に行方不明者がいる場合

親族の方がなくなった場合、相続が開始されますが、複数の相続人の中に行方不明者がい …

no image
法律で決められている相続の割合

人が亡くなった場合には相続という問題がでてきます。遺言があればよいのですが、ない …

no image
相続税の課税対象にならない財産

2015年1月に相続税改正が行われ、相続税の基礎控除額が減るため、課税の対象とな …

no image
相続人の資格(相続権)を失うケース

相続人は、被相続人の家族や親戚だからと云って当然に相続権を有するものではなく、そ …

no image
遺産相続の基礎知識

亡くなった人が財産を遺している場合、その遺産は、自動的に相続人が受け継ぐ事になり …

no image
相続人に認知症患者や未成年者がいる場合

親族の方が亡くなった場合の相続の際に、相続人の中に認知症を患っている相続人や、未 …

no image
法律で定められている相続人とは?

相続は死亡により開始し、遺言が残されてる場合には被相続人の最期の意思を尊重してこ …

no image
配偶者の税額軽減とは?

財産分割された場合にはその受け取った財産に相続税が掛かりますが、被相続人の配偶者 …

no image
相続する・しないを選ぶ

相続が開始されると同時にその効果は相続人の意思にかかわりなく生じます。 そしてそ …