終活のすすめ。遺される家族と自分の為に、悔いなき最期を迎える為に。

このサイトでは、葬儀の生前予約からエンディングノート・遺産分配など、終活と言われるもの全般をご紹介しています。遺される家族の為にも、自分の為にも。

相続税の計算はとても複雑。専門家に依頼するのも一つ。

      2014/12/14

親族の方が亡くなった場合、その相続人の方には相続という形で亡くなった方の財産を譲り受ける事になります。相続があった場合には、その相続財産の価値に応じて相続税が課税され、相続人の方から税金が徴収されることになります。相続税に関しては、相続した財産の価値とそれにかかる税金の額を自ら計算し、相続税申告という形で税務署に申告しなければなりません。

相続を受けているにも関わらず、相続税の申告を怠ってしまった場合には、無申告加算税や追徴課税が課されるほか、所得隠し等の悪質行為と判断されれば刑事罰を受けることもあるため、相続税申告は必ず行う必要があります。しかし、相続税の計算はとても複雑な税体系となっており、相続財産の価値が大きければ大きいほど、相続税の計算は複雑なものとなります。この場合に、相続人が自ら計算することは困難が伴いますので、税の専門家である税理士に相談し、または依頼することで手間がかからず確実に相続税の申告を行うことができます。

相続税の計算を自分で行うことも不可能ではありませんが、税金の仕組みが一般の感覚とは異なっているうえ、間違った計算に基づいて相続税申告をしてしまった場合には、税務署から訂正を求められたり、過少申告として加算税が課せられる可能性もあります。また、相続人が複数存在する場合には、相続人がどのような財産をどのくらい相続を受けたかといったことも考慮しなければなりません。こうした場合、さらに計算が複雑になり、素人が計算を行うことは困難を伴います。

そのような事情のなか、税理士に相続税申告を依頼すれば、税金の計算はもちろん、節税対策も併せて行ってもらえば、税金を節約することも可能です。税理士に依頼した場合にはどうしても報酬を支払わなければなりません。しかし、相続財産の額にもよりますが、税理士報酬は数千円からとリーズナブルな設定であり、手間や申告の確実性を考えれば、専門家に依頼する方がコストパフォーマンスが良いこともあるといえます。

 - 相続と相続税 , ,

Sponsor Link

Sponsor Link

Sponsor Link

Sponsor Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
相続税の申告と納付の流れ・期限

不幸にも親族が亡くなってしまった場合に、残された遺族の方は亡くなった方の財産を整 …

no image
法律で決められている相続の割合

人が亡くなった場合には相続という問題がでてきます。遺言があればよいのですが、ない …

no image
相続する・しないを選ぶ

相続が開始されると同時にその効果は相続人の意思にかかわりなく生じます。 そしてそ …

no image
遺産相続の基礎知識

亡くなった人が財産を遺している場合、その遺産は、自動的に相続人が受け継ぐ事になり …

no image
相続人の資格(相続権)を失うケース

相続人は、被相続人の家族や親戚だからと云って当然に相続権を有するものではなく、そ …

no image
配偶者の税額軽減とは?

財産分割された場合にはその受け取った財産に相続税が掛かりますが、被相続人の配偶者 …

no image
小規模宅地等の特例とは?

小規模宅地等の特例とは、個人が相続や遺贈によって取得した財産の中で被相続人の居住 …

no image
遺産分割協議とは?

親族の方が亡くなってしまった場合には、亡くなった方が持っていた財産を相続人に相続 …

no image
法律で定められている相続人とは?

相続は死亡により開始し、遺言が残されてる場合には被相続人の最期の意思を尊重してこ …

no image
複雑な相続のケースは専門家に相談する

親族の方が亡くなった場合には、その方が生前に所有していた財産を相続することになり …